タイトル

1.5℃へのアクション連続セミナー
第3回「脱炭素に向け、資金の流れを変える」

日時 2024年8月29日(木)14:00~15:15
開催形式 Zoomウェビナー
ご案内
<1.5℃へのアクション連続セミナー>

2023年は観測史上最も暑い一年となり、世界各地では気候変動の影響による災害が頻発しました。2024年はさらに暑くなることが予想されています。急速に深刻化している気候危機に対し、世界はパリ協定のもと、地球温暖化を1.5℃未満に抑えるべく、2030年までに温室効果ガス排出を大幅に削減することが求められています。日本の気候変動対策は十分と言えるでしょうか。
この連続ウェビナーでは、各回で取り上げるテーマについて、日本での取り組みの現状や課題、1.5℃目標達成のためにできることを紹介します。

 
第3回「脱炭素に向け、資金の流れを変える」

脱炭素化への移行が本格化するにつれ、必要な資金を供給する金融の重要性が増しています。投資の対象を気候変動の原因から解決へと逆転させることで、化石燃料の消費を抑制し、森林破壊にともなう排出を防ぐことはできるのでしょうか。NGOによる金融機関への働きかけ、そして株主提案という2つの取り組みを紹介し、資金の流れを変えることで気候変動を防止する方法を考えます。

プログラム(予定)

1.森林保護に果たす金融機関の役割と活動
川上豊幸さん(RAN)

2.株主提案議決権行使が環境に与える影響
鈴木康子さん(気候ネットワーク)

Q&Aセッション
*プログラムは変更される場合があります。予めご了承ください。

参加費 無料
申込み

申込受付開始まで、今しばらくお待ちください(6月頃開始予定)

*Zoomウェビナー機能を利用します。必要に応じて、お手元のデバイスにZoomをインストールするなど、予めご準備をお願いいたします。

定員 300人(先着順)
主催 Climate Action Network Japan (CAN-Japan)
CANは、世界で気候変動問題の解決のために活動する130ヶ国・1900以上の団体からなるNGOのネットワークです。CAN-Japanは、CANの日本での集まりで、19団体からなり、国連気候変動交渉に参加し、国際的NGOネットワークと連携しながら政策提言や情報発信に取り組んでいます。
協力

レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)
気候ネットワーク

お問合せ Climate Action Network Japan (CAN-Japan)事務局
気候ネットワーク 京都事務所内
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail: secretariat@can-japan.org
Website: https://www.can-japan.org