350.orgとは

350.orgは、世界規模で気候危機問題に取り組むムーブメント(人々の運動)の構築を目指しています。全世界188カ国以上に広がるネットワークと連携しながら、オンラインキャンペーンや草の根運動など多くの市民を巻きこんだアクションを展開しています。

350.orgは世界中で広がる草の根運動によって、各国のリーダーに科学の知見や正義の原則に基づく責任ある行動を求めています。 このムーブメントは、世界中の市民による草の根運動から立ち上がったもので、様々な国々の様々な団体と連携をしながら、全ての人々にとって「誰一人取り残さない」より良い未来を実現するために活動しています。

 

350.orgの活動

350.orgは、インドの石炭火力発電所建設中止や米国のキーストーンXLパイプラインの建設中止などに大きな貢献をしています。現在では、民間や公的金融機関をターゲットに、化石燃料関連プロジェクトや企業からの投資撤退(ダイベストメント)の促進を中心にキャンペーンを世界中で展開しています。

350.orgは、今人類が直面している気候危機に対し、脱化石燃料社会の構築をするために、化石燃料業界の影響力を解体し市民の力でこの問題を解決させようと取り組んでいます。