CAN-Japanが開催するイベントです。

タイトル

COP25マドリード報告【東京】

止まらない脱炭素革命。世界はパリ協定1.5℃に向けてどう動くのか?
ビジネスにも影響する市場メカニズム交渉の行方とは?

2019/12/10: 開催日程を2020年1月17日(金)から2020年1月14日(火)へと変更しました

日時 2020年1月14日(火)14:00-16:30(開場13:30)
会場 ビジョンセンター永田町 6Fビジョンホール
(東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル ビジョンセンター永田町)
アクセス
  • 東京メトロ 有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅(3番出口)」徒歩0分
  • 東京メトロ 銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」徒歩5分
  • 地図はこちら
 趣旨 まもなく国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)が開催されます。

チリに代わって急遽スペインのマドリードで開催されることになったCOP25では、パリ協定の実施指針(いわゆるルールブック)の積み残された重要課題・市場メカニズムの合意ができるか、国連事務総長も求める温暖化対策の野心引き上げがどう広がるか、気候変動による損失と被害への対処の議論がどう進むかが注目されます。また、9月の国連気候行動サミットで存在感を示せなかった日本がCOP25で世界の気候対策に貢献するシグナルを出せるかどうかもポイントです。

今回の報告会では、COP25に参加するNGOの専門家メンバーが、マドリード会議の重要なポイントに加え、参加者にしかわからない現場の空気、交渉のダイナミズム、ビジネスへの影響についてたっぷりとお伝えします。奮ってご参加ください。

プログラム(予定)

COP25マドリード会議に参加したNGOの専門家スタッフによる報告と質疑応答

  • パリ協定の実施体制&市場メカニズム合意の解説
  • 国、自治体、ビジネス等による温暖化対策目標引き上げのイニシアティブ
  • 日本の今後の気候変動政策・経済の脱炭素化への示唆 ほか

*スピーカーや発表タイトル等は後日改めてご案内いたします

参加費

1000円(CAN-Japanメンバー団体の会員500円)

申込方法 こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。

http://bit.ly/20200114

あるいは、メールかFAX、お電話にて下記の申込先まで、件名「1/17COP25報告会(東京)申込み」として、お名前、ご所属、ご連絡先メールアドレスをご連絡下さい。

定員 200人(先着順。要事前申込み)
開催 主催:Climate Action Network Japan (CAN-Japan)
CANは、世界で気候変動問題の解決のために活動する120ヶ国・1300団体からなるNGOのネットワークです。CAN-Japanは、CANの日本での集まりで、14団体からなり、国連気候変動交渉に参加し、国際的NGOネットワークと連携しながら政策提言や情報発信に取り組んでいます。
お問合せ Climate Action Network Japan (CAN-Japan)事務局
認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所内
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail: secretariat@can-japan.org
Website: https://www.can-japan.org
備考 本報告会は、2019年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金助成を受けて開催します。

また、本ウェブページは、同地球環境基金の助成を受けています。