タイトル

CAN-Japan主催 SB60・G7報告会―COP29に向けた気候変動の国際交渉の最新報告

日時 2024年7月19日(金)16:00~17:30
開催形式 Zoomウェビナー
 ご案内

 6月3日から13日にかけて、気候変動枠組条約第60回補助機関会合(SB60)がドイツ・ボンで開催されました。また、6月13日から15日には、イタリア南部でG7プーリア・サミットが開催されました。
 COP29では、2025年以降の気候資金に関する目標をはじめ、途上国への資金支援に注目が集まることが予想されています。同時に、COP28のグローバル・ストックテイクの合意に沿って、2024年末から2025年始めにかけて、各国は2035年の温室効果ガス排出削減目標(NDC)を提出することが求められています。2024年の気候変動の国際交渉の重要な論点に対し、これらSBやG7ではどんなことが話し合われたのでしょうか。
 本報告会では、SB60やG7プーリア・サミットの結果、COP29に向けた展望、日本の政府やビジネス、自治体がやるべきことなどについて、報告・解説します。

プログラム(予定)

現在の国際交渉の重要テーマと今後の見通し
田中十紀恵さん(気候ネットワーク)【資料】

資金・化石燃料の段階的廃止
小池宏隆さん(グリーンピース・ジャパン)【資料】

排出削減の強化
足立治郎さん(「環境・持続社会」研究センター(JACSES))【資料】

適応
遠藤理紗さん(「環境・持続社会」研究センター(JACSES))【資料】

COP29に向けた日本の課題
伊与田昌慶さん(国際環境NGO 350.org Japan)【資料】

Q&Aセッション
*プログラムは変更される場合があります。予めご了承ください。

参加費 無料
申込み

要事前申込。下記よりお申込みください。

お申込みはこちらから

 

 

お申込み時に入力いただいたメールアドレスに参加方法のご案内を記載したメールが届きます。案内メールに記載の参加用URLからご参加ください。

*Zoomウェビナー機能を利用します。必要に応じて、お手元のデバイスにZoomをインストールするなど、予めご準備をお願いいたします。

定員 300人(先着順)
主催 Climate Action Network Japan (CAN-Japan)
CANは、世界で気候変動問題の解決のために活動する130ヶ国・1800以上の団体からなるNGOのネットワークです。CAN-Japanは、CANの日本での集まりで、20団体からなり、国連気候変動交渉に参加し、国際的NGOネットワークと連携しながら政策提言や情報発信に取り組んでいます。
お問合せ Climate Action Network Japan (CAN-Japan)事務局
気候ネットワーク 京都事務所内
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail: secretariat@can-japan.org
Website: https://www.can-japan.org